あの頃の嘉人

過去インタビューを振り返りながら、プロサッカー選手「大久保嘉人」の軌跡をたどる。(協力:週刊サッカーダイジェスト)

週刊サッカーダイジェスト(2004年1月20日号))後編

ビッグイヤーの予感
「去年よりもすべての面で上回りたい」(後編)

supported by SOCCER DIGEST

2004年は大久保嘉人にとってハードな1年となることだろう。ワールドカップ予選にアテネオリンピック。休むことなく厳しい戦いに身を投じることになるが、大久保はむしろチャンスと捉える。ビッグイヤーにかける意気込みを聞いた。

後編

油断できない五輪予選
アテネでのメダル奪取で海外移籍を現実のモノに

起伏の激しい1年ではあったが、大久保に言わせれば「まあ、いろいろあったけど、今年はいい1年だった」2003年を経て、いよいよ2004年が幕を開けた。今年はワールドカップ1次予選、アテネオリンピックと代表レベルのイベントが目白押しである。そのほとんどの大会にかかわりを持つ可能性のある、現時点で唯一の人物が大久保である。代表、オリンピック代表とふたつのカテゴリーで主力として活動していかなければならず、そうとうにハードな1年となりそうだ。しかし、それは同時にアピールの場が増えるということ。2004年は大久保にとってのビッグイヤーになる可能性を秘めているのだ。

「どちらも大事な大会だけど、オリンピックは本番ですからね。とりあえず予選を勝たないといけないですけど。もちろん、選ばれたらどっちでもがんばりますよ。たしかに去年もキツかったけど、今年はもっとキツいですよね。まあケガだけはしないようにしたいですね」

大久保は99年アルゼンチン・ワールドユースをケガのために棒に振っている。コンフェデを経験したとはいえ、年代別の世界大会は、今回のアテネオリンピックが初めての舞台となる。アテネを目ざす大久保の想いはそうとうなものだろう。

オリンピック最終予選。日本は比較的楽なグループに食い込まれた。バーレーン、UAE、そしてレバノン。実力を考えれば、決して難しい相手ではない。

「バーレーンはアジア大会でやったんですけど、強かった印象ですね。山本さん(監督)も強いって言ってたし、油断はできないですね。UAEモネ、ワールドユースではいいところまで行ってたし。強いと思いますね。レバノンはちょっと分からないですけど。楽なグループに思われてるけど、そんな意識はまったくないですね。とくにUAEラウンドではなにが起こるか分からないですから。UAEはめちゃ暑かったですし。そういったアウェーの厳しさがあると思うんで」

A代表にも名を連ねる五輪世代のエースとして、大久保にかかる期待は計り知れない。少なからずの重圧を感じていることは間違いないだろう。当然チームを牽引する役割も担うことになるはずだ。

「無理でしょ(笑)。俺が引っ張っていくっていうのはできないというか、そういうタイプじゃないんで。そういうことができるのは、啓太さん(鈴木)とかいっぱいいるんで。でも、エースの自覚というか、自分が点を取らなくちゃいけないとは思っていますよ」

A代表の試合では、まだまだ遠慮が見られるが、五輪代表では自分が決めるんだというエースとしての強い意思が感じられる。

「そんなことはないですけどね。A代表でも五輪でも気持ち的には一緒です。A代表に選ばれたばかりのころはシュートを打てるときでも、パスしちゃったりとか、そういうことはありましたけど、慣れてきてからはそういうことはないですね。どんどん自分のやりたいことをやっているというか。とくになにも言われないから、みんながイケイケってなるんで、遠慮はないですね。まあ、でも五輪のほうが気持ち的には楽ですけどね(笑)」

仮に予選を突破すれば、8月にはいよいよオリンピックの舞台に立つ。果たして大久保はこの一大イベントをどのように捉えているのだろうか。

「やっぱり、ステップだと思う。世界にアピールできる大きなチャンスだと思うんで。いいところまでいったら、絶対目をつけられると思うし。だからメダルを獲りたいですね。できないことはないと思いますよ。そうすれば、海外への道というのも開けると思うんで。海外にはできるだけ早めに行きたいんですよ」

夢の海外移籍へ。大久保の視線ははるか遠くを見つめている。それを現実のモノとするためには、A代表、五輪代表、そしてもちろんクラブでの活躍が求められる。もちろん当人は、それを理解しているはずだ。

最後に大久保は2004年の目標をこう語った。

「去年よりもっといい活躍をしたいですね。去年もまあまあよかったですけど、すべての面で上回りたい。そしてさらに上を目ざしたいですね」

涙とともに明けた2004年を、果たして大久保は笑顔で過ごすことができるだろうか。


後編

取材・文:原山裕平(本誌編集部)

過去の掲載